白い歯に替える前に

before

白い歯に替える前に知っておいてください

白い歯に替える前に知っておいてください

以前虫歯治療したときに入れた「銀歯」が、笑ったときや食事のとき、そして話をするときに目立ってしまうのが気になっていませんか? 自然に見える白い歯に替えたいと考えている方は、まずこちらをご覧ください。

セラミック製の白い被せ物や詰め物は歯の機能性の回復だけでなく、自然な美しさに仕上げることができます。白くきれいな人工歯に替える前に知っておいてほしいことを、東京都足立区、綾瀬駅西口から徒歩3分の歯医者「相原歯科医院」がご説明します。

セラミック素材を使った被せ物・詰め物治療を行う前に

セラミック素材を使った被せ物・詰め物治療を行う前に

より自然で美しい口元を手に入れると決めたら、できるだけ早くセラミック製などの白いきれいな人工歯に替えたいと思うのではないでしょうか? でも慌ててはいけません。きれいにした歯をできるだけ長持ちさせるためにもまず、さまざまなチェックを受けましょう。新しい歯を入れるためやお口の健康を維持するために、お口の状態によってはほかの治療を優先することがあるからです。

土台はとても重要です

土台はとても重要です

詰め物や被せ物をする歯がしっかりしていないと、上にどんなにきれいな人工歯を装着しても、その歯を長く維持することができないかもしれません。たとえば家を建てるときでも、土台がしっかりしていなければ、どんなにすばらしい家を建てても、ちょっとした台風や地震ですぐに壊れてしまうのと同じです。機能性も見た目も回復する新しい歯を一生使っていただきたいからこそ、まず土台をしっかり構築する必要があります。

根元をしっかり~根管治療~

根元をしっかり~根管治療~

虫歯は治療しないとどんどん進行していきます。歯の表面のエナメル質を溶かし、その内側の象牙質に進み、そしてその中の歯の神経にまでおよんでしまった重度の虫歯は根管治療を行わなければ抜歯になってしまう可能性が高まります。根管治療とは、歯の神経や血管が入っている細い管「根管」から汚染された神経などの部位を取り除き、洗浄・消毒してから薬剤をすき間なく詰めて密閉する処置です。その上に土台(コア)と被せ物を装着し歯の機能を回復します。

根管治療は精密さを要求される処置です。とても細かい部位であるうえ、細菌を残してしまうと虫歯が再発してしまうからです。再発は抜歯のリスクをぐんと高めてしまいます。せっかく白くきれいな歯を装着しても歯の根元から抜歯になってしまっては困ります。そのため、まず歯の根元の治療をしっかり行う必要があるのです。

歯ぐきをしっかり~歯周病のチェック~

歯ぐきをしっかり~歯周病のチェック~

日本の成人が歯を失う原因の第1位は歯周病です。歯を支える組織が細菌や細菌の産出する毒素によって破壊されていく歯周病。悪化させてしまうと歯が抜け落ちてしまうことにつながるのです。どんなにきれいな人工歯を被せても、歯周病にかかってしまっては、その歯を残せなくなってしまいます。

これから装着する白くきれいな人工歯を長持ちさるためにも、お口全体の健康を保つためにも、歯周病がある場合はまずそちらの治療が優先です。また歯周病は再発しやすい病気ですので、治療が終わっても予防ケアすることをおすすめします。毎日のセルフケアとともに、定期的な歯科医院でのメインテナンスを受けましょう。

歯をしっかり~虫歯の再発予防~

歯をしっかり~虫歯の再発予防~

せっかくきれいな人工歯を装着しても虫歯を再発させてしまっては、また新たにつくり替えなければなりません。虫歯も歯周病と同じように再発しやすい病気です。再発を防ぐために、定期検診をおすすめします。その際には必要に応じて生活指導も行い、虫歯や歯周病のリスクを高めるような生活習慣があるようでしたら、改善のためのアドバイスを行います。

毎日のセルフケアがお口のトラブル予防の基本です。毎日の歯みがきで汚れを効率よく落とすことができるようにお口の状態に合わせた歯みがき指導を行います。また定期検診では口腔ケアのプロフェッショナルである歯科衛生士が、お口をすみずみまできれいにします。これも虫歯や歯周病予防に有効です。自然できれいな人工歯を長持ちさせるためにも、しっかり虫歯を予防しましょう。